が間に当に久合わ

次の日テジャンは昼少し前に戻られた 凍傷は見た目ではさほど目立つ事は無かったが、やはり全身に受けられたと云うのが身体には負担が掛っているようで、なんとなく動きが何時もより鈍いように思われた 直ぐにプジャンと共に御前に上がられる成立香港公司準備をしている時にドチ尚宮がウダルチ兵舎までお出でになり、テジャンのお部屋へと向かわれた 後でプジャンに聞いたのだが、王様より二日…

続きを読む

来るのがっているか

「あの方は一人で?」 「テジャン、如何するつもりです?刀などあ奴に御向けになったら、それこそ奴の思う壺に…」 私がそう言うと目の前のテジャンは診察室に置いてある椅子を壁に向かって蹴り飛ばし、その椅子は無残に壊れてしまった 「それでも、あの方はあいつと今一緒なの辦公室傢俬だろう?この後どうなるか…考えたくも無いが、考えてしまうんだ!」 そう言いながら今度は机に両手を勢い良く…

続きを読む