来るのがっているか

「あの方は一人で?」 「テジャン、如何するつもりです?刀などあ奴に御向けになったら、それこそ奴の思う壺に…」 私がそう言うと目の前のテジャンは診察室に置いてある椅子を壁に向かって蹴り飛ばし、その椅子は無残に壊れてしまった 「それでも、あの方はあいつと今一緒なの辦公室傢俬だろう?この後どうなるか…考えたくも無いが、考えてしまうんだ!」 そう言いながら今度は机に両手を勢い良く…

続きを読む