っちたんだまうわ

 シャウラはそれを避けながら広場の真ん中へと入って行った。そこにはもっとたくさんの男たちが集まっていて賑やかに何かを話している。やがて1人の男が高らかにホルンを吹き鳴らした。男どもは静かになって、そちらの方に注目する。ホルンの男の隣に立っていたがっちりとした男が1台の輸送車の後ろに立った。ガチャリと大きな音を立てて大きな鍵を外し扉を開ける。そして中へ入ると中から1人の人を連れ出した。手足は鎖…

続きを読む