無知茫漠とした錯視くらみ


愛,學會、最小限にとどめられ、過度の波が、一度寸斷心堤だった。為とあなたを愛して多數執筆に深くて、愛あなたはどれだけ長く;ただ時間折れていたすべての私の信念をもって、あなたの身が桑田さんだった。私だけを斷翼の蝶にはともかくも越あなたがなくしたチャンへ。最年少時、私達の行為と自分が深い一人を愛して、払って生命、荒廃に一生立派だった。しかし、タバコを吸う場合、私たちの愛したその人ではなく、あの時素直な自分。わたしたちは愛を求めて無知茫漠とした錯視くらみ、ために墜落が砕けても心得ている。


愛は平板な、本當に心底愛し合っ如水だった。拙戦をして、たとえうさんくさい橫丁表現すべきだろうが、水やを潤すと流れつくし渇いて粗末な生命の木がある。生命の野原だけではなかったにもかかわらず、情の花の咲きも不可欠というものだった。…かも知れない、少年の私たちは確かに本當の愛したことがないように、あの骨に染みるも骨髓から、切りに刻まれ、肉體が腐っているかもしれません。色褪せてしまう。だって、私たちはまだ愛のでは純粋なので、そんなに実感し、そんなに平凡だった。幼少の頃の愛を運命風雨でありえ、過度な普通でないだけな軀殼剝がれて晴れがましても、目立つため早めに死亡した。

あの雨が初めで,1雨の日、との観測が出ているが、今になって翻るかわいがってくれて雨が降り、また一方ではとても痛い、心とその身に至る。私の簡単なは熱狂的な遊びを數日後にはすべてのことを忘れてしましたけど、今回は私が間違えた、時間イヨヨ久と、記憶が深まるで、いつも不在に拡散している。私はこの秋の寂しさのではなく、私が期待冬の前の蒼白になった。落ち著いていた後に、私は、私はまだあなたを愛して、決して私を代表して忘れる、おとめ座不許可にこのような私にある;どうしてはすばらしい追憶の衝突支離滅裂で時間を塁に生まれた防護壁はそんなになるだろうか。私達はすべて來なくてもいいから逃れたでしょう、それだけが疲れていて、敢然と立ち向かいこのすべて、明日の約束は明日に任せて実現。3年後はあいかわらず、我々がいました!

この記事へのコメント